薬剤師の求人は定時で帰ることができる仕事ばかりではない

案外残業の多い薬剤師の仕事

案外残業の多い薬剤師の仕事 / 夜勤や当直がない代わりに残業が多い職場も / 希望の勤務時間で働くことのできる求人選びが重要

薬剤師の仕事は定時で帰ることが出来ると考えている人は少なくありませんが、現在では薬剤師を求人する仕事は定時で帰ることが仕事ばかりではありません。
その為、薬剤師の求人を探す際には、その勤務体系や勤務時間をしっかりと把握する必要があります。
従来は薬剤師の職場というと薬局が主なものでした。
薬局の仕事は基本的には定時で帰ることが出来ることが多いものです。
医療事務を兼任している場合には診療報酬の請求前には遅くまで残業して申請書を作ることが良くありますが、その他の場合には患者の持参する処方箋を元に薬を調剤し患者に渡すだけになるため、基本的には定時で帰るということになります。
しかし、その他にも職場はたくさんあります。
ドラッグストアの場合には夜遅くまで店舗が営業を行っている場合には店内の業務をこなしながら調剤を行うということも有りますし、病院勤務の場合には夜勤や宿直なども有ります。
又、製薬会社の場合であっても業務の都合により残業をしなければならないことは沢山あります。
その為、薬局以外の職場に於いては残業も比較的多いのが実態です。
薬剤を扱う仕事は資格が必要で、特に最近ではその需要が非常に増えていることが近年の傾向となっています。
この背景には、薬事法の改正による仕事内容の変化があります。

薬剤師で定時上がりのできる求人

自分にとって薬剤師の仕事は天職だと思っていました。
元々子供時代から体があまり強くなかったこともあり、病院や薬局はとても身近なものでした。
その中でも薬剤師さんは薬を渡すたびに丁寧な説明をしてくれて、お大事にと優しく一声かけてくれる、お医者さんとも看護師さんとも違う、ほっとするような存在でした。
大人になるにつれ、自分もああいう風になりたいと強く思うようになり、ついには猛勉強の末に薬剤師になりました。

最初に入ったのは大手の薬局でした。
とても忙しい職場で、本来の仕事以外にもたくさんの仕事が山積みになっていました。
自分の受け持ちである仕事のほかに、レジに陳列、事務作業と、忙しく働きまわっているうちに体調不良に陥るようになりました。
しかし圧倒的に人手が足りない中、休めば周りに迷惑をかけてしまいます。
上司には少し問題があったものの、同僚はみんな気持ちの良い人達で、協力しあってなんとか凌いでいるような状態でした、
結局そこでずるずると数年間働き続け、最終的には本当に体を壊してしまい、退職に至りました。

しばらく休養して体調を整えた後、私はまた薬剤師の仕事を探しました。
最初の職場の経験から、できる限り余裕を持って働ける職場を希望しました。
驚いたことにこの仕事はとても需要が高いようで、自宅近くでもいくつかの求人を見つけることができました。
一番の希望としては時間です。
前職では休み時間を取ることもできずに追い立てられるように過ごし、定時での帰宅など考えられませんでした。
最初はそれでも良いと思っていましたし、遣り甲斐も感じました。
頼られているようで嬉しかったのも確かです。
しかし改めて思い起こしてみると、その頼られているようで嬉しいという感情を利用されていたような気もします。
今度こそはと思い、職員を大切にしてくれる職場探しを目指しました。
求人を探すのに役立ったのがウェブサイトです。
転職サイトは細かな検索ができることも多く、職場探しがしやすかったです。
また、これだけ多くの求人があるのだから自分もきっと大丈夫と、気持ち的にも勇気づけられました。

転職活動の後、やっと見つけたのが現在の職場です。
職員一人一人がゆったりと時間の余裕を持って働けるように配慮されており、定時上がりも当たり前です。
これは狙っていなかったのですが、給与面でも以前の職場よりもアップし、ボーナスも頂けるという結果になりました。
体調をずっと心配してくれていた家族や友人にも、この転職をとても喜ばれています。
まさか自分がそこまで心配をかけていたとは思わず、周囲の喜びようを見てあらためて申し訳ないような気持ちにもなってしまいました。

私の場合、憧れの仕事であった薬剤師自体を辞めるつもりはありませんでした。
何とかしてこの仕事で生きていこうという決意はあったものの、最初の職場で躓いたために少しの間無気力状態になっていたのは確かです。
職場を選ぶ際には自分の希望に合わせることはもちろん、自分にどれだけのことができるのか、どの程度まで働ける体力があるのかを考える必要があるとつくづく実感しました。
また、これらの環境は一般職員である自分や同僚だけで作ることはできず、上司や会社自体の意識も大切だと思います。
薬剤師は長く続けることのできる素敵な仕事です。
転職でやっと見つけた今の職場ならば、長く続けていくことができそうです。
幸運だったのはこちらでも同僚のみなさんがとても優しく、今回は上司にも恵まれたことでしょうか。
働きやすい、良い職場であることがとても嬉しいです。
子供の頃に憧れたように、自分もやがては憧れて貰えるような存在になっていきたいと思っています。