薬剤師の求人は定時で帰ることができる仕事ばかりではない

夜勤や当直がない代わりに残業が多い職場も

案外残業の多い薬剤師の仕事 / 夜勤や当直がない代わりに残業が多い職場も / 希望の勤務時間で働くことのできる求人選びが重要

以前は処方箋を持って薬局にいくとその処方箋通りに調剤を行ってくれ、あまり時間はかからなかったというメリットが有りましたが、最近では薬を患者に渡す際に簡単な面談を行い、薬の服用法や服用に於ける注意点を説明することが義務付けられています。
その為、薬局に於いては薬剤の詳細について十分な知識を持って、これを丁寧に患者に説明し理解をしてもらうことが重要になります。
一件一件丁寧に説明する必要があるため、混雑している場合には多くの時間を割かなければいけないことから以前に比べ勤務時間が長くなってしまい、結局は残業となってしまうことも増えています。
さらに薬局の勤務時間が長くなってしまう原因として、病院が混雑してしまうことが有ります。
門前薬局と呼ばれる病院の傍にある薬局は病院が患者の診療を完了するまでは閉店することが出来ません。
最近では病院が閉まってしまう時間でも診察が終わらないことも多いため、この患者が持ち込む処方箋を処理する為に病院が閉まるまでは 薬局を閉めることが出来ないという理由があります。
病院に勤務する場合には残業の他に夜勤や当直が有り、これは薬剤をとり扱う者であっても例外は認めていない病院が多いものです。
中には夜勤を専門とする人もいるため、この場合日中の勤務だけで残業や夜勤は行わないという人も多いのですが、そのような体勢を取らずに残業が多いという人も少なくないものです。